水虫(爪白癬)|越谷市せんげん台のむろた皮フ科

むろた皮フ科
お問い合わせ よいひふ tel.048-970-4112

〒343-0045
埼玉県越谷市下間久里790-1
メディウェルタウンせんげん台内

  • HOME
  • 水虫(爪白癬)
水虫(爪白癬)

足の水虫(爪白癬)は皮膚糸状菌(白癬菌:カビの一種)が足に感染して起こる病気です。足が不潔な状態のときに起こりやすいのですが、感染の機会は非常に多くあります。家族内に水虫の菌(白癬菌)の感染者がいる場合、同じ施設での集団生活、プールや共同浴場の利用などは特に水虫の菌(白癬菌)感染の危険性が高くなります。
医師の診断を受けていない人を含めれば、日本人の2割近くが水虫患者だとのデータもあります。
爪に水虫の菌(白癬菌)感染すると、爪が白く濁ったり、黄色くなったりします(爪白癬)。この場合は特にかゆみもないため、治療されずに放置されているケースが目立ちます。