しもやけ |越谷市せんげん台のむろた皮フ科

むろた皮フ科
お問い合わせ よいひふ tel.048-970-4112

〒343-0045
埼玉県越谷市下間久里790-1
メディウェルタウンせんげん台内

しもやけ

 

しもやけとは

しもやけは凍瘡とも言います。しもやけになると寒冷刺激により皮膚が赤くなったり、皮膚の腫れや水ぶくれ、かゆくなったりします。血流が少ない部位で発症することが多く、特に指先・耳たぶ・鼻・頬などが多いです。
基本的には治療によって改善されることが多いですが、まれにエリテマトーデスやサルコイドーシスなどにより、しもやけに似た皮膚症状が現れる時もありますので注意が必要です。

しもやけの原因

しもやけは5度程度の寒冷に、長い時間繰り返しさらされることで発症することが多いです。しかし同じ環境にさらされても発症する人としない人がいますので、遺伝的な要因が関係しているとも言われています。体重が少ない方は寒さの影響を受けやすい方が多いので、しもやけになりやすいとも言われています。

しもやけの症状

しもやけは下記のような症状が現れます。

<症状が軽いしもやけ>

  • 皮膚の赤み
  • 皮膚の腫れ
  • かゆみや痛み
  • やけどのような感覚を感じる

<症状が重いしもやけ>

  • 水ぶくれやただれ
  • 潰瘍を生じる場合もある

しもやけの検査と診断

基本的には問診による患者さんからの情報と、皮膚の状態を目視で確認し診断します。
しかしエリテマトーデスやサルコイドーシスなどの疾患による皮膚症状として、しもやけに似た症状が現れる場合があります。このような基礎疾患による症状が疑われる場合は、血液検査や尿検査、画像検査などを用いて診断することもあります。

しもやけの治療

しもやけの治療は基本的に飲み薬や塗り薬を使用します。
これらの薬などを使用しながら患部のマッサージなどを行うことで、血流の改善を試みる治療を行っていきます。

<飲み薬>

  • ビタミンE製剤

<塗り薬>

  • ビタミンE製剤(外用剤)
  • ステロイド外用薬(炎症が強い場合)

<漢方>

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

しもやけの予防

しもやけの予防は基本的に患部を冷やさないことです。
気温が低い寒い日は、冷えやすい手や耳を温めるために、手袋や耳当てなどを使用すると予防にしやすいです。
雪道を歩いた後に靴下が濡れた場合、そのままにしておくとしもやけになりやすいので、靴下を脱いだり履き替えたりすることが大切です。